Archive for 8月, 2014

バイキングでおいしいものを食べよう

ホテルでは、バイキング型式のランチやディナーも多いです。そのバイキングが話題となって、多くの人が宿泊はしないけれど、ご飯だけを食べにくるようになっています。東京では特にホテルのランチやディナーをバイキング型式で楽しむスタイルが増えていて、人気のホテルは予約でしか受け付けられないなんてこともあるぐらいです。 ホテルのバイキングに出かけるならば、元は取りたいと思ってしまうのが普通です。できるだけ高そうな食材を目指してバイキングを楽しむことになります。色々なバイキングがあるので、必ずではないのですが、バイキングでの元を取るためには、やはりいい食材を使っている料理を選ぶといいそうです。ローストビーフなどはバイキングの定番となっていますが、やはり美味しい肉を仕入れてそのまま焼いて提供しているだけあって、仕入れ費用も高くなっているようです。また、かになどが置いてあるバイキングも最近増えていますが、かにも元を取るためにはオススメ。 とにかく、食材を茹でる・焼くなど簡単な調理をしただけでそのまま出すようなものは、比較的原価が高い可能性があります。原価が高いものだけを狙ってというわけではありませんが、それだけ自信を持って提供している食べ物でもありますので、それらを中心にバイキングを楽しむことをオススメします。

コンタクトレンズを使う際の注意点とは?

1度使うと、その快適性から手放せなくなるコンタクトレンズ。今、コンタクトレンズは、通常のメガネを凌ぐ(しのぐ)勢いで普及しています。これほど便利で快適なコンタクトレンズですが、人間の視力を補う点からも、使用に際してはいくつかの注意が必要となります。誤った使い方をすれば、眼に障害を引き起こしてしまいます。 では、コンタクトレンズを使う際の注意点について見てみましょう。 第1に、レンズの手入れ(ケア)を行う際には、石鹸で手をよく洗い、清潔な手で手入れをして下さい。それを怠ると感染症を引き起こす危険があります。第2に、レンズのケース(入れ物)は最近屋ほこりなどが付きやすいので、定期的に交換するのが良いでしょう。第3に、コンタクトレンズを購入した際に付いてくる取扱説明書に従い、レンズの手入れを毎日行うことが大切です。レンズの表面には、ほこりや花粉などが付着しますので、消毒を兼ねた洗浄をすることを忘れずに実行してください。第4に、日々の決められた使用時間を守ることが大切です。また、レンズの試用期間を守ることも重要なことです。 また、コンタクトレンズは、眼に直接付けるものなので、眼にある程度の負担がかかります。そのために、自分で気づかない眼の病気にかかることも考えられますので、2ヶ月か3ヶ月に一度は眼科で目の検診を受けることをお勧めします。 便利で快適なコンタクトレンズを末永く愛用するためにも、使う際の注意点を守ることを忘れないようにしましょう。

コンタクトレンズはいつ頃から使われはじめたの?

ファッション性と便利さから多くの方々に愛用されているコンタクトレンズ。このコンタクトレンズの歴史は意外なほど古く、俗説とも言われていますが、1508年にかの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチが、視力の矯正器具としてのアイデアを考案したと言われています。その後、実用のためのコンタクトレンズは、1801年の実験まで遡る(さかのぼる)ことができます。試作品として完成したのは1892年になり、1911年に度のないコンタクトレンズとして製品化されました。日本では、某大学の医学部において、1951年に臨床試験に成功しました。 私たちが使っているコンタクトレンズが発売されるようになったのは、1971年の米国においてであり、1988年に米国で「使い捨てコンタクトレンズ」が認可されました。 では、コンタクトレンズにはどのような種類があるのでしょうか。日本の薬事法に照らし合わせて見てみることにします。普段私たちが使っているレンンズは「視力補正用レンズ」に分類されています。これには、度の付いたカラーコンタクトレンズも含まれます。その他にも、目の病気の治療を目的とする「治療用コンタクトレンズ」、「検査用コンタクトレンズ」、そしてファッション性の高い「非視力補正用色付きコンタクトレンズ(通称、ファッション用カラーコンタクトレンズ)」があります。また最近では、ソフトコンタクトレンズや乱視用のコンタクトレンズも普及しています。 コンタクトレンズにはさまざまな種類がありますので、自分に合ったレンズを選ぶことが大切だと思います。